例会・事業報告

10月例会「誰かのために今から始めよう!」第1部の開催報告です

2020/10/30 [ 例会・事業報告 ]

一般社団法人 田原青年会議所 2020年度 創立50周年記念事業 10月例会「誰かのために今から始めよう!」の第1部を2020年10月29日にwebセミナーの形で開催しました。

「相手を思う心が、君を、周りを、まちを変える!」というテーマで、元日本代表サッカー選手であり現役プロサッカー選手の頃から災害支援や医療支援などを行われてきた巻 誠一郎 氏をお招きし、COVID-19の影響も鑑みてwebツール(Zoom ウェビナー)を使用したwebセミナーを開催しました。

 

 

オープニング動画では巻氏のサッカー選手時代のかっこいいゴールシーンや、ボランティアでの活動シーンなどが流れました。オープニングの動画に続き、巻氏が登場。話の始めは「熊本震災」の経験から。被災地にて希望があったとはいえ不謹慎かもしれないと考えながら行った被災地の子ども達とのサッカー。そこではサッカーボールを通して「笑顔の繋がり」ができました。その経験が「プロサッカー選手の価値」、「プロサッカー選手は周りの人に何ができるのか?」を考えるきっかけになったとの事です。また災害では「まさか自分が!?」となります。その際に、誰かが何とかしてくれる・・ではなく歯を食いしばって自分で何かできないかを探せるかが大事になります。それらの考えから巻氏のとられた行動の結果が「NPO法人ユアアクション」の設立です。

<ユアアクション>まずはやってみる!ACTION!から成長が始まる! 挑戦する気持ちと、失敗を恐れない気持ちを育むため、アスリートと子供達のふれあいを通して、アスリートの姿勢や考え方を子供達に伝えたい!
お互いに成長しあい、夢を持ち輝く人間を育みたい。そのために、一人ひとりができることを。

講演にて巻氏は自身が大事にしている4つの目標を話されました。これはサッカーを通して実践知として巻氏が学んだことを言語化したものをギュッとまとめられた行動目標でした。
今回のテーマ「相手を思う心が、君を、周りを、まちを変える!」につながるところを抜粋すると
・「人がやりたくないことを率先して行うことが夢に近づく方法の1つとなる」
 誰かのために一生懸命することが自分に優しさとなって返ってくる
・「誰かのために行う行動のためには自分が学び成長し一回り大きくなることが大事」
 夢を持って、自分がしっかりと目標を持って達成を目指すことが回り回って誰かのためになる

 そのためには自分と向き合うことが大事

というものでした。

参加いただきました皆さま、ありがとうございました。上記とはまた違った学びもあったかもしれませんが、今後の皆さまの行動が少しでも「自分と向き合い」、「誰かを思う心」となり、周りにも広がっていくと幸いです。

最後の質疑応答まで、時に場を和ます言葉を入れながら真摯に応えていただきました巻 誠一郎 氏に大変感謝しております。これからの巻氏の一層のご活躍をお祈り申し上げます。

 

第2部では今回のセミナーの学びから、身近にできる「誰か」のことを考えた行動を我々(一社)田原青年会議所メンバーが実践していきます。

例会の閉会セレモニーにて

   

主宰者挨拶: 理事長 河合真樹くん         例会担当委員長:磯田愉くん

 

9月例会「Be All One〜田原青年会議所〜」の開催報告です

【9月例会「Be All One〜田原青年会議所〜」を開催しました】

この9月例会は私たち田原青年会議所会員向けのものでした。(公社)日本青年会議所のJCプログラムである「JCIAchieve」を開催し、「田原青年会議所がこの地域で活動する意義等を話し合い、考え、理解を深め、青年会議所活動を行う上で会員の意識が同じ方向へ向かうようになること」を目的に行いました。

COVID-19による周りへの影響を抑えることも含め、この会は完全オンライン・Zoomにて開催。

    

「JCI Achieve」の開催にあたり、トレーナーとして鳥取青年会議所:澤田健吾くん、前橋青年会議所:加藤三佳さんにご参加いただきました。雰囲気よく、わかりやすいお話ありがとうございました。

   

  

※JCI Achieveは、LOMの意義や目的を、事例研究やディスカッションにより理解するコースです。 全世界のJCが取り組む「JCIミッション」をLOMの活動に効果的に取り入れるために、地域特性を理解し、その価値を認識し、積極的な市民である新メンバーが求める機会を創造することにより、より良い変化をもたらせるような魅力的な組織を構築する方法を学びます。

私たち田原青年会議所はこの田原の地で「明るい豊かな社会を築く」という大きな目標に対して、1年毎に方針を決めスローガンを掲げます。本年は「次代の燈火となれ」を掲げ、ひとづくり・まちづくり・組織の発展と個人の成長を基本方針に盛り込んでいます。今年もあと2ヶ月、最後の残り1秒まで全力を尽くします!

 

 

2020年度2月例会「想いを紡ぐ燈火NIGHT〜起こすぞ!モーレツムーヴメント!〜」を開催しました

2020年2月13日、田原市野田・法華寺にて2020年度2月例会「想いを紡ぐ燈火NIGHT〜起こすぞ!モーレツムーヴメント!〜」を開催しました。

2月例会の担当は「モーレツ拡大委員会」です。この例会の目的は、田原青年会議所の会員一人ひとりが成長することで、田原青年会議所の魅力を高めることです。

会員一人ひとりが成長するために自らたてた目標達成を目指して行動を起こすことが重要となります。

1月の賀詞交歓会では、今年度の意気込みを一人ひとり書き初めました。2月例会では、その意気込みを達成するための行動目標を立てた上で、燈火を囲み、想いを語りあい絆を深めました。

 

想いを紡ぎ、絆を深めた後は・・・全会員の目標達成を祈願し 水行  を行いました。

 

(水行のふんどし写真は素晴らしい撮影技術によるぼかし効果にてお送りしております。)

今年は常春の渥美半島・暖冬とはいえ真冬の2月の夜・・・もちろん水は冷たいです。

水行を行った会員からは、

「すっきりとリフレッシュできた」「身が引き締まる思い」「衝撃的初体験」といった言葉が出ておりました。

 

 

「モーレツ君」というイメージキャラクターに行動目標を縫い付け、モーレツ拡大委員会と共に1年間過ごしていきます。目標を忘れないよう度々姿を現すようです。

 

想いを共有し、自身の行動目標を語りあい絆を深めた夜・・・

会員一丸となり、起こすぞ!モーレツムーブメント! 1・2・3・モー!!

 

懇親会の乾杯は地元の飲み物で! 「どうまい牛乳」

 

 

 

愛知県田原市野田町・法華寺にて水行体験歓迎

 

 

2020年 賀詞交歓会を開催!

1月11日に来賓・特別会員の先輩方をお招きし、崋山会館・松の間にて賀詞交歓会を行いました。

今年度は、会員全員が理事長方針・室長・委員長方針を確認し、自分の言葉で説明できるよう一人一人が書き初めを行いました。想いを書き初めることで、決意とその実践への想いを高め、その決意を地域の方々にお伝えさせていただきました。

本年度も田原青年会議所をよろしくお願いします!!

 

以下、賀詞交歓会の報告をさせていただきます。

書き初めパフォーマンスから理事長挨拶へ

2020年の決意と想いをしっかりと伝えさせていただきました

鏡開きを行いました

乾杯のお酒は田原産コシヒカリを使用した「優」にて 樽には50周年の文字が!

新役員紹介・自身の書き初めを用いて行いました

 

新入会員挨拶

前年度理事長・山崎隆三君 挨拶

卒業生・酒井隆行先輩から一言いただきました

会場からのコールにより14年務められた藤城利仁先輩も挨拶

閉会宣言

 

 

 

 

 

 

 

 

第93回定時総会を開催しました

1月11日に第93回定時総会を崋山会館・鶴の間にて開催いたしました。

2019年の活動報告と決算報告、本年度の予算についての議案が会員の総意をもって承認され、
田原青年会議所の2020年度がスタートいたしました。

以下、総会の模様をお伝えいたします。

 

前年度の理事長・山崎隆三君から河合真樹君に理事長バッジの引き継ぎを行いました。

 

 

理事長挨拶・河合真樹君

 

 

議長・林君  規則に則りながらもスムーズな進行でした

 

前年度の報告

 

前年度理事長挨拶・山崎隆三君

とうかい号の役員をされる山崎隆三君、鈴木嘉希津君へ理事長からエールと贈り物

新入会員挨拶・本年度は6名が田原青年会議所に入会しました

 

2020年も明るい豊かな社会の実現のため、田原青年会議所は邁進してまいります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い世代で地域の活性化を考えよう!! たはら市民まつりでイベントを企画!!

2019年田原青年会議所では11月例会を「young is powerful!~新時代を切り拓こう~」と題して若者議会を立ち上げ、

次代を担う若者に地域の活性化に自ら取り組んでもらい、若者一人ひとりが活躍できる機会を創ることを目的として企画しました。

そして若者議会にて決定した企画を田原市民まつりにて実施します。

企画の決定には、8月下旬から約2か月間の間に会議を定期的に開催し、企画はもちろんのこと予算、タイムスケジュールなどを決定しました。

10月27日(日) 田原市民まつりでは以下のような内容を予定しております!!

田原ハロウィンフェス~市民祭りをジャックしよう!!~

①ウォーリーを探せ「スタンプラリー」で景品をゲットしよう!
  Wチャンスでさらに田原の特産品が当たるチャンスあり!!

②ステージでダンス「パプリカ」を踊ります!!
 仮装した若者が今ちびっこに人気のダンスを踊り盛り上げます!!

③ハロウィンモニュメント前で撮影して楽しもう!
 レンタル衣装を着てモニュメント前で写真撮影、ハロウィン気分を存分に楽しめます!!

2019_poster_small

 

若者議会メンバー、青年会議所メンバー全力で市民まつりを盛り上げていきたいと思います!!
当日ぜひご参加ください!!

10月例会「田原城のお堀の水全部抜く大作戦」が開催されました!!

2019/10/08 [ 例会・事業報告 ]

10月5日(土) 10月例会「田原城のお堀の水全部抜く大作戦」が開催されました!!

田原城のお堀である桝池の水を抜き、清掃および生き物の保護を行いました。
清掃とともに身近な池の生態調査を行うことで地域への関心を深めようと企画しました。

今回はその模様をご紹介します!!

池の水は3日前から抜きはじめました。
落ち葉が腐ったヘドロがすごかった!!

会員メンバーのバケツならぬかごリレーでヘドロを搬出します!!

一般参加者が集合し開会セレモニー

参加した子供たちは、お堀の中の生き物の保護を行いました!!

保護した生き物にも興味津々な様子でした!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

最後はみんなで記念撮影を行いました!!

池もきれいになり生き物の保護もできました!!
ご参加いただいたみなさんありがとうございました!!

 

全国城下町シンポジウム豊橋大会 開催!!

6月29日(土) 豊橋の地にて全国城下町シンポジウムが開催されました。

東三河5JC広域問題研究会として会第5回広域事業「チャンバラ合戦IKUSA~吉田城の乱~」も開催され
藤江副会長をはじめとして、出向者である鈴木康仁くん、河合のりよし君ら田原メンバーも設営に奔走しておりました!!

今回はその模様をお伝えします!!

大人も子供一緒になって大いに盛り上がっていました!!


また、会場では石黒康平君の出向する日本JC 国際ビジネス連携委員会さんがSMILE by WATERの募金ブースを設置しておりました!!

田原メンバーもいろいろなところで活躍しております!!
今後とも田原青年会議所の活動をよろしくお願いします!!

5月例会 What’s JC?〜知っているようで知らないJCの世界〜 が開催されました❗

2019/05/24 [ 例会・事業報告 ]

5月21日(火)5月例会として
『What’s JC?〜知っているようで知らないJCの世界〜』を開催しましたしました❗

JCへの理解が深まり、意識の底上げとなることを目的に、JC公認プログラムのVMVセミナーを行いました。
「そもそもJCって何?」
「何のために活動してるの?」

そんな質問にバッチリ答えられるようになり、青年会議所という組織の基礎を学ぶセミナーとなります。

その模様をお伝えします。

講師を勤めていただいたのは大府青年会議所 理事長 近藤 匡則 くんです。

 

非常に分かりやすく、グループワークや周りを巻き込んだセミナーでとても有意義な時間でした❗

有意義な時間と学びを頂きありがとうございました❗

本年度新入会員の皆さんも積極的に参加されていました‼️

青年会議所の基礎知識や理念を再確認する事で自分たちの活動に対する新たなモチベーションや忘れていた初心に気づかされる大変貴重な機会となりました❗

設営担当の事務局の皆さお疲れ様でした‼️

講師を勤めていただいた近藤理事長素晴らしい時間を提供していただき本当にありがとうございました‼️

詳細を見る

11月例会「シャッター街にある“奇跡の果物店”の物語」

11月14日(水)、田原文化会館にて11月例会「シャッター街にある“奇跡の果物店”の物語」と題し、杉山フルーツ代表 杉山清氏を講師にお招きし、講演会を開催いたしました。
ご多用の中、11月例会に足を運んでいただきました多くの一般参加者の皆様、誠にありがとうございました。

講演では、杉山氏の経営哲学や経営理念をこれまでの経験されてきたエピソードを交えてお話いただきました。ひとつひとつのエピソードの話が進むにつれて枝分かれし、興味をそそられる内容であっという間の2時間で心に響く講演でした。

また、田原青年会議所の2018年度最後の事業として本年度を締めくくるに相応しい素晴らしい例会となりました。

講演会の様子

集合写真

 

Go To Top
一般社団法人 田原青年会議所